人物

アンディ・グローブ

アンディ・グローブはシリコンバレーのスタートアップ企業に過ぎなかったインテルを世界的半導体メーカーに引き上げたことで知られています。

あのスティーブ・ジョブズが師と仰いだ人物です。

元々の名前はグローフ・アンドラーシュ・イシュバートンといいます。

ハンガリーのユダヤ人家庭に生を受けました。

ハンガリーの人名表記は日本と同じく性・名の順に表記され、最後にミドルネームが来ます。グローフ自身は、自らをイシュバートンと名乗ったことは一度も無いそうです。

グローフとはハンガリー語で「伯爵」の意味です。

彼の家系が伯爵家だったからではなく、先祖がある伯爵の領地を管理していたため、周囲がそのように呼ぶようになったのだそうです。

アンドラーシュ、後のアンディはナチス政権下では迫害を逃れるため、地下生活を余儀なくされました。そして、戦後はソ連の支配下となったハンガリーを出奔し、アメリカに亡命しました。

自分の納得いかないことに対しては容赦なく怒る。

しかし、全ての従業員に平等な発言の権利を認め、自分が論破された時にはその相手を受け入れ、意見に従う。

今、私が使用しているPCにもインテルのシールが貼られていますが、その奥には沢山のドラマが秘められているのです。